次につながる建築を目指して 

  • 築後30年から50年で壊される建物の実際の寿命とは。
  • 日本の伝統的な木造は修繕し再利用されてきた。
  • 長期間、維持可能な木造建築は経済的にも環境的にも有利。
  • 木や土の機能と風合いを活かすことで次世代へつながる建築に。
 

 
 

 私論…伝統的な木構造の特徴とは

  • 身近な環境の中から手に入る材料を活用する。
  • 受け継がれてきた技法を活用する。
  • 地域の風土の中で活きるカタチに。

 
 

 建物を長く維持していくには

  • 約30年のサイクルで維持計画をする。
  • 計画的な更新、復旧工事で建物の構造を傷めない。
  • 建物の再生工事の時に何を優先させるか。

 
 

 土壁の優れた機能性を活用する

  • 調湿性と蓄熱性に優れた土壁。
  • 塗り重ねができるので模様替えが簡単。
  • 年月を経て味わい深い土壁の魅力。
 
詳しくLinkIcon